カードローン金利を比較する前に知っておきたいこと

カードローン金利を比較する前に知っておきたいこと

なぜカードローンの金利のほとんどは「4.9%~17.4%」というように金利の幅がある形で表示されているのでしょうか?この金利の仕組みを知らないでカードローンを選んでしまうなら、低金利だと思って借りたカードローン審査甘いローンが実は高い金利だったということになってしまう可能性も十分起こりえます。カードローンの金利は、各貸金業者によって若干異なっていますが、一般的に融資額が大きいと金利は低くなり、融資額が小さいと金利は大きくなるという傾向があります。
たとえば、ある貸金業者が実質年率「4.5%~17.8%」、融資限度額「500万円」と設定している場合、もし10万円の融資額を希望するなら17.8%の金利が適用され、300万円希望の場合は6.3%の金利が適用されます。なぜこのような割合になるのでしょうか?それは、利息制限法という法律で定められた上限金利の範囲内で設定しているのであり、貸金業者が勝手に決めているのではありません。利息制限法による上限金利はこのように設定されています。元本10万円未満の場合:年率 20.0%、元本10~100万円未満の場合:年率 18.0%、元本100万円以上の場合:年率 15.0%となっています。つまり、貸金業者はカードローンの金利を利息制限法の範囲内で設定する必要があるので、融資額10万円未満なら20%まで金利を設定することができますが、100万円以上の場合は15%までしか設定することができないのです。