カードローン金利を比較する前に知っておきたいこと

カードローン金利を比較する前に知っておきたいこと

なぜカードローンの金利のほとんどは「4.9%~17.4%」というように金利の幅がある形で表示されているのでしょうか?この金利の仕組みを知らないでカードローンを選んでしまうなら、低金利だと思って借りたカードローン審査甘いローンが実は高い金利だったということになってしまう可能性も十分起こりえます。カードローンの金利は、各貸金業者によって若干異なっていますが、一般的に融資額が大きいと金利は低くなり、融資額が小さいと金利は大きくなるという傾向があります。
たとえば、ある貸金業者が実質年率「4.5%~17.8%」、融資限度額「500万円」と設定している場合、もし10万円の融資額を希望するなら17.8%の金利が適用され、300万円希望の場合は6.3%の金利が適用されます。なぜこのような割合になるのでしょうか?それは、利息制限法という法律で定められた上限金利の範囲内で設定しているのであり、貸金業者が勝手に決めているのではありません。利息制限法による上限金利はこのように設定されています。元本10万円未満の場合:年率 20.0%、元本10~100万円未満の場合:年率 18.0%、元本100万円以上の場合:年率 15.0%となっています。つまり、貸金業者はカードローンの金利を利息制限法の範囲内で設定する必要があるので、融資額10万円未満なら20%まで金利を設定することができますが、100万円以上の場合は15%までしか設定することができないのです。

最少返済額さえ返しておけばよい?

ローン等では毎月必ず返済しなければいけない額が決まっているものがほとんどです。約定返済額と呼ばれ、毎月1回あるいは35日ごとなど各ローンによって返済サイクルが決まっています。また、絶対に返済しなければいけない額は最少返済額、あるいは最低返済額とも呼ばれ少なくともその額は絶対に返済日に返さなければいけません。

「ということは、その額だけ返していればいいの?」と思ってしまいます。確かに、最少返済額は、少なくとも返しておかなければいけない額です。また、この額が低い設定になっていると、余裕のある返済計画が立てられます。しかし月々の返済額を低い設定にしていると、総返済額は変わらないわけですから、返済期間が長くなる可能性もあります。また、返済期間が長くなることで、利息も大きくなってしまうかもしれません。

ローンサイトでは、必ず借入残高に応じた最少返済額が記載しているはずです。その額を確認の上返済計画を立てましょう。また、月々の返済額は少ない設定にしておいて、随時返済を積極的に取り入れるという方法も返済期間を短くする上では大変有効です。

特におまとめローンでは、複数のローンを一本化することで一社からの借入額が大きくなります。そのため最少返済額が大きくなる傾向にありますので、収入や他の出費とも併せて返済計画を立てておくことが重要なポイントになってきます。最少返済額さえ返しておけばよい、少しでも多く返して早く完済してしまえばよい、といった考え方のどちらを選ぶのかは、申し込みをする方によっても違ってくるものです。

住宅ローン等では、返済額は収入の25%~35%で算出します。他のローンでも、30%に抑えておくほうが返済しやすいとはいわれています。返済は毎月ずっと続けていかなければならないものですから、返済額は大きすぎずまた少なすぎずという、ちょうどよい額が求められるのです。返済シミュレーションなども活用して、自分のベスト返済額を算出してからおまとめローンの返済計画は立てましょう。
おまとめローン審査のおすすめポイント|銀行ローンの選び方はこちら

土浦レイクとコンビニATMも使っていこう

茨城県の土浦市にはレイクが2店舗あります。
土浦店には駐車場がありませんが、土浦神立店には駐車場も用意されていますので車での来店にも便利になっています。
レイクが多くあることでレイクATMを便利に使っていくことができますが、それでもコンビニATMも利用のし甲斐があります。
営業時間が決まっているレイクATMとは違って、レイクの提携先であるコンビニのATMは24時間いつでも利用することができます。
借り入れをすることもできますし、返済をすることもできます。
今ではほとんどのコンビニにATMが設置されているものです。
自分の銀行口座からの引き出しと同じようにレイクのキャッシングをすることができますし、自分の銀行口座に預け入れをするのと同じようにレイクに返済をすることができます。

24時間利用ができるのはとても便利なものです。
返済日だったと気が付いたときには夜遅くなっていたというときでも、近くにあるコンビニに向かえばいいだけのこと。
どうしても今日中にキャッシングをしておかなければ間に合わないというときでもコンビニならどこにでもあるもので急場をしのぐことができます。

また、「どこにでも」ということで考えてみると地元に限ったことではなくなります。
例えば旅行中、例えば出張中。
土地勘のない場所に足を踏み入れたときでも、コンビニならいくらでも見つけることができるはずです。
これがとても便利なことと気がつくのはそんなピンチの時かもしれません。